修行

(ノД`)・゜・。
骨喰ちゃんを修行に出すのが辛かった←?

…いやー、今までの姿が見られなくなるとか
声が聞けなくなるとか
会えなくなることとは違うけど、感慨深いじゃないですか!
誰を差し置いてもいちばん思い入れのある子です。

いつものつれない感じより、真剣に切り出してくれた感じがして嬉しかったし抱きしめたい!って思ったんだけど、よく考えたらあの子は私より身長が高い。笑
体重は軽いだろうけど。くそぅ。
何にしろ、旅立ちました…。
秀吉のとこ行くのかな。思い出したかったこと、思い出せるかな…。

そんで、のん気に送り出してくれた鯰尾くんに感謝。
あれかな、着替えとか歯ブラシとかいろいろ準備してあげたのかな。笑
次は君の番だよー。

んで、まぁ、包丁は包丁で、推しではないけどえこ贔屓してる(…)のでこっちも既に極なんですが(笑)
んー、包丁は可愛くなったなぁ。
てか、修行自体がHowtoモテモテ教えて人妻パラダイスみたいな感じなんで(……)、もう帰ってきたら発言が宮田幸季なんじゃないかこいつって思えてきました/(^o^)\
送ってくる手紙もしょーもなさすぎて帰ってくるのが怖かったよね。
(宮田っちがモテたいと心から思ってるのかは正直謎なんですが)
そうなると不平不満のたたき方(?)とか堂々と図々しい口上(??)とかぜんぶ宮田コピーに見えてくるっていう(;^ω^)
やれやれ。

そういえば、またしてもとうらぶにかぶせて文アルの話をしてしまうのですが。
新文豪は無課金者に優しくないので、ぱっぴー文豪有島さんも智一文豪川端さんも入手できてない私なのですが。
川端さんと菊池さんが関係あるようだと知って、これは流石になにかを意識してるでしょうと思ってしまった(;^_^A
だって菊池さんの喋るの聞いてたら、全然まったく将臣くんにしか聞こえないんですからね。
声優同士の関係もキャラの関係性に反映させてると公式で言ってしまってるので、そういうこともあるだろうなぁって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活劇の話

局所的に薬研フィーバーが起きてるなう。笑
って活劇の話を書こうとすると何度も阻まれて諦めたんだけど、今日は大丈夫だろうか。
やってみよう。

活劇は、アニメ化ったら最初にこういうのを想像するかも、っていうのが第一印象でした。
花丸とここまで比較する点すら見つからないってすごいなって思いますけど、でもきっと最終的に私は「どっちもそれぞれに好き」って言う気がする。素直なので(笑)
大手様こわいからあまりつっこんだことは言わないし読まないけど\(^o^)/

とりあえず、初回から薬研さんの登場シーン(※一瞬)でいちばんときめいた私は4話で落ちましたよねー。
活劇について気になったことは、登場頻度の多いキャラがやけに花丸とかぶってるところ…だったんですが(いくら別に作ってるとはいえ、そのくらい分散できないの?と)
でも短刀であのポジは他の子じゃきっと無理ですね。納得。
あと、アクション+この世界観だと絶対に和装が映えるからのキャラチョイス…もあるのかな?
粟田口がたくさんいたら正直浮くもんなぁ。
私、活劇に推しが多くて逆に怖いというか、たぶん贔屓順に上から数えて片手の指くらいで足りるところに兼さん鶴さん薬研が入ってるのですが、
肝心の一番手二番手が影も形もないっていうところがね。
なんて思っていたけれど、多分、これは仕方ない。浮くから。笑
あと、鶴さんずるいなんなのずるすぎる!かっこいいばかー!!

兼さんは、ちゃんとしててちゃんとかっこいいのは大変ありがたいですが、
花丸の方が私の中の兼さん像に近かったwww
あのくらいでないと手放しでコケにできないだろ~\(^o^)/←けなし愛
国広くんは、2話から国広くんぽくなったなって思いました。

そんなとこですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況(深刻)

Dsc_0952

チラ見せで車をお目にかけます。
日産縛りがありまして、紆余曲折経てなんとなくこれになった感じです。
カラーはモカブラウンと迷ってこれ(レモンライム)。
暗いところと駐車場で目立つのが決め手。
お蔭様で、このカラーの同型車といまだ一度も会いませんww
車が欲しいわけでも運転が楽しいわけでもないのですけど、まぁ、そろそろ持っていないと大人として駄目な感じだったので、転職を機に買うことにしたのです。
近くに電車が通る稀有な恵まれた地域に住んでるので、公共交通機関かもしくは自転車で行ける限りはどこへでも行くんですが、やっぱり人と待ち合わせると世話をかけてしまうんですよね…。
3月末から早3500キロも走行している驚き\(^o^)/
遠出は…まぁ、2~3度くらいですが(最たるものは虎山弐千本桜ww)

そんなわけで、転職+車通勤…の結果。

Screenshot_20170718231644

こちら、2017年の歩数をスマホさんがうっすら記録してくれたものの、月ごとのグラフ。
(なぜか何日にも渡って全く記録してないこともあるので、うっすら)
ちなみに3月までは、スマホを持たずに職場で歩き回ってる分がカウントされていません。
4月以降は、職場でほぼ歩いていません。
実質、歩数は4月に突然3月までの何分の一かに減少。

まぁ、そりゃあ太りますよ\(^o^)/
(運動不足だけじゃなく、思い当る理由は諸々ありますが…。)

そして7月のグラフが回復しているのは、ウォーキングを始めたからです。
もちろんまだ7月は半ばなので、ここから倍近くにはなる予定。
歩いたからといって…、ようやっと3月までとプラマイゼロくらいにしかならないので、もう少し色々やっていく予定です。

しかし暑いですね…。
夏バテしたら食欲落ちて体重も落ちたりするものなんですか?
暑いの嫌いだけど食欲落ちる経験がない/(^o^)\
汗疹と紫外線アレルギーっぽいもの(仮)がひたすら辛いです。
やっぱりアレルギー体質寄りなのかな…。
みなさまもお気をつけて。
私はダイエットをがんばります。
一刻もはやく、冬が訪れますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

概要版

活劇みたよー の日記を書こうとするとページに問題があるためタブを開き直しました、になって全くアップさせてもらえないので諦めました\(^o^)/
合間に書いたやつ(ひとつ前)は普通にアップできてるのに。
公開するなってことか…(別に大したこと書いてないのに)
あと、文アルのログインボイスで流れてる新文豪の声が智一さんにしか聞こえないんだけど智一さんですよね?ってのも書いたのに公開できないまま智一文豪実装のお知らせ流れる\(^o^)/
ちっ。笑
文アルは声優に関してポテンシャル高過ぎなので穏やかな気持ちで高望みをします。
次は石田さんか和彦さんだと思っています。笑

そうそう、文アルアプリリリースおめでとう。
サービス開始(の数日後)から付き合った身の上なので事前登録もちゃんとしたよ。
でもちょっと重くてカクカクするんだな…
まぁ、川端さん入手に向けて頑張りますよ。
PCで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お引越し!!

宮田幸季ですお引越しおめでとう!(?)
本当に本当に無理だった日曜18時半から平日19時半へウェルカム!!

ってことで、半年を経て聞き始めました(;^ω^)

3年前の時は同じ1月から始まって6月で終わっちゃったけど、今回は10月のライブ…じゃなくてリサイタルwwがあるから枠残してもらえたんだろうな(;^_^A
それももう一回改編またぐから、12月までやってくれるのかな♪笑
うんうん、よきかなよきかな。
このブログのカテゴリー一覧でいつまでも異彩を放っていた甲斐もあったものです。

OP色彩なきパエザッジョのあと、しょっぱなからHowtoモテモテが始まって吹きました。
テーマはお引越しのあいさつ回りのモテ術。
井上P…ってこんなに坂本くんに辛口だったんだっけか。笑
通算1年付き合わされて宮田っちに毒された?
宮田っちは相変わらず口うるさいオバちゃんトーク炸裂で通常運転なによりです。
ワニブックスとやらがいまだになんなのか分かっていない。
ってか、井上Pってなにかお知らせがあるときに出てくる人物だと思ってたけど自家用ジェットでご近所さんをイタリアに日帰りさせてパスタをふるまう話だけしていったよね。
どういうことだ?笑
まぁリサイタル情報にはまだ早いのかー。
チケット申し込みの締め切りについてもうちょっと何度もお知らせしようよ!!←この辺り、割とDGSと内田社長の抜かり無さ親切さが染みついてしまってる。

あとのコーナーはもういいや。笑
コーナーを乱発することでおなじみなのは宮田幸季ですの遥か10年も昔トラブルメーカーのベンチウォーマーの時から第一印象として承知しています。
長いお付き合いになりましたね。
最後の一言はうさんくさい占いコーナーかぁ(勘太郎…)
ええーナイトラブコールはぁ~?( ;∀;)
あ、そうか、深夜枠じゃないからか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅…

職場のある公園の掃除が重労働でした。
通路の掃き掃除、枝拾い、草むしり、剪定した枝運び…
こういう作業久々にしたな。
今は私服で接客もせねばならないので、作業用には、前職場で着てた服。笑
職場の管轄だけでもそれなりの広さがあるというのに、管理にかけるお金もないというのは嘆かわしいことです。
駐車場からの通路に立派な雑草が突っ立っててみっともないったらなかったんだ。
貧乏草ですよ、貧乏草(~_~;)

竹ぼうきの威力で明日筋肉痛かな。

和彦さんと茂ちゃんのなんとかツアー、明日からなんですねー。
たまたまHP見たら。
いいなー、お金と休みさえあれば行きたかったけど、奈良。
なんか、前に見た時とコースが変わってる?
京都のコースがちょっと謎で、個人的に奈良だけとても行きたいって思った気がします。
だって、3ゆかりの地を銘打つなら三十三間堂とか宇治とか行ったらいいと思うの。
清水寺に下鴨神社(+糺の森)じゃ他のナンバリングとかぶるんだからさ。
あと五条大橋に<>がついてるのは、渡るよーってことかな。そりゃそうだよね。笑

奈良の方が若干マニアックでいいなって思います。
でも石舞台って何でしたっけ?ゆかりの地…?
馬子の墓かもしれないっていう説はもう古いの?新たな学説で実は大伴道臣の墓だと分かったとか?絶対ちがうと思うけど。笑
…ネタとしては高松塚とかキトラの方がまだ(四神だから)…って、車窓見学したいのか。
なんでぇ。もっと行けばいいのにー(`Д´)
葛城に行けとまでは言わないから。

遙か聖地めぐりを幾度となくした身でツアーを企画してやりたい。もっと良くするのに。
まぁ、大人の事情とかお寺の事情とか(?)あるのでしょうか。
そういえば遙か関連巡りってどのくらいしたんだろう。
と思って軽く数えたら鎌倉とかまで含めて15回くらい行ってそうです。
そりゃまぁ12年くらいかけてですからね(^-^;
どこか行きたいなぁ。
やっぱり奈良かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫外線…

紫外線アレルギー

というやつな気がしてるんです。
いや、分かりませんけど…。
ここ数年、6月頃から目のかゆみ・異物感がひどくて、ある時かゆみに耐え切れずに眼科に行ったらおじいちゃん先生に何でもないですって言われたんですけどね。
去年、後輩が紫外線アレルギーなんですって完全防備で外出てて、そんなのあるのかって思って…
ネットで調べたら、目の症状、一致するなぁ。
皮膚の方は…色んなことでトラブル起きる人なので、なんかよく分からないレベルですが。

今まで紫外線を怖がっていたのは、そりゃ肌の老化は恐ろしいですけど、それよりなにより日焼けしてどんどん色黒になるのが恥ずかしいっていうとこでした。
小学校の夏休み明けとか、特別人より長く外にいたわけではないのに、クラスの誰よりも黒かったですもん。
大人になっても、夏が始まった頃にはもう手の甲が黒くて手を出すのが恥ずかしいったらない。
やたらと外で日焼け止めを塗り直してて、偉いねってたまに言われますけど、人より焼けやすいって言ってもなかなか分かってもらえない。
たった数十分の油断で秋まで恥かしいんですから。

で、ただ、傘を持ち歩くのも嫌いで、こんな歳まで日傘を持ったことがなかったわけです。
顔はメイクするし、あとは日焼け止めと腕カバーと帽子で…で、
そのツケってことなのかなぁ。目は無防備。
とりあえずつばの広い帽子を買おう。
車は、車は買ったばかりですけど(笑)、これは成功でした。
フロント周りのガラスが紫外線&赤外線カット加工になってるのにした。
(車に大して興味がないので、値段の他は色とUVカットくらいしか選択基準ありませんでした)
…まぁ、アレルギーと決まったわけではないんですが、対策しといて損はないですよね。

少し症状が悪くなるなら別の眼科に行こう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメイト宇都宮

に、宮田っちが来るという珍事。笑
お迎えしないわけにはいきません、ってことで、行ってきました。

例によってマイメモリーですので、お暇な方だけどうぞー。

何はともかく、地元でイベントなんて本当に初めてのことで。
店舗もそう広くないし、どうやってイベントやるのかな?って思ってたら、別のフロアの店舗の跡地?空き地?を特設会場にしてましたね。
あやうくエスカレーターで通り過ぎるところだった。
会場内に入ったら椅子が並んでて明らかにトークショーの体。
あれ…?お渡し会じゃなかったっけ?と参加券二度見。
3年前の吉祥寺のお渡し会の時は普通に売り場の端に並ばされただけだったのに!

店舗と別の会場を確保できたから…というより参加者が少なくて時間に余裕があるからなのか、ちょっとトーク入れますーということだった。
横浜のトークショーの時にもいた何だろう、司会?の女の人。
相変わらず面白いんだけど、あの人が何者なのかまだ知りません。
ハシゴでイベント参加してる人達はもうお馴染みな雰囲気だけど…
参加者は、私が危惧したよりは、多かったかもしれませんが、まぁ、少ないよね(;^_^A
難なく前から2列目に座れてしまっても、まぁ、近距離は割といつものこと。笑

宮田さんを呼んでみましょう、なんて呼ぶ?「こうちゃまv(←客席)」の流れでまさかのこうちゃまwwコール。
出てきたこうちゃま()…高速でお坊ちゃまくんトークへ(ああ…)
お坊ちゃまくんなんて微塵も分からず、あ、途中で万梨阿さんの名前を言っていたことだけ記憶。
それからアニメイトがJR宇都宮駅から離れてるネタ。
「駅からタクシーですって言われて、え、歩きますよ!って言ったら、徒歩20分!?20分って、そんなに離れてるの!?って」
「歩いた人ー?え、歩いたの!?すごーい」

…あー、えーと…考えたこともありませんでした。
(私の利用駅からは10分程度で普通に便利な認識だった)
その展開は予想しなかったけど、あの道のりを宮田っちが歩く想像をしたらそれだけで感無量だよ。
VRっていうかなんかポケモンGoみたいな感動じゃないかな?ポケモンGoに感動した経験はないけど。
ちなみに宇都宮の前に大宮でイベントがあって、どうやら間が短かったのかな?
時間がぎりぎりだったそうで、梯子組は新幹線に乗ってきたとかどうとか。大変ですね。

続いて予想通りの餃子トーク\(^o^)/
「地元の人いる?宇都宮初めての人達のために美味しいお店教えてー!」
定番、みんみん・正嗣の順に挙がる。次が出ない。なので芳邑、おススメの宇味家をプッシュ。
あれおかしいな、イベントで手を挙げて発言なんてできる子だったっけ私?\(^o^)/
授業でも発言しない子だったのに?ww
まぁ、なんだ、本当に一学級くらいの人数でやっていたし地元人が少なかったので意外とスルッと踏み出せた模様です。笑
続いてドンキ地下のきらっせ、駅ビルの青源が出る。
ああ!宇味家だって駅ビルにあるのに言いそびれた!
正嗣って言った人が場所を聞かれて「場所は分からない」って言ったんで、宮田っちに信憑性を疑われ、何故かそれがツボに入った模様。
「ドンキの地下で餃子を食べて、お腹に余裕があれば駅ビルの青源に行って、まだ時間のある人はまさしを探し求めてみて!」
や、捜し求めなくても、アニメイトとドンキは隣接してるけどその次に近いのが正嗣だったぜ…。笑
というくだりのお蔭で宮田っちのブログにも「まさし」の単語が登場。おのれ、おいしいな正嗣。

それから、餃子以外でも近くの見どころあったら教えて!→地元組無反応。
城とか神社とかない?
あー、まさに城と神社が浮かんだけど、城はがっかり城だしどちらかといえば神社か。近いし。
二荒山神社があります!と地元組。
「ああ、確かに神社っぽいのあった!」宮田っち、ここで二荒山神社をインプット。

ここまでで15分か20分くらいだったのかな。

お渡し会は、駄菓子屋さんでおなじみ、束からカードを引っ張って抜く形式。(個人的には馴染み無し)
そこまでのフランクかつアットホームなやりとりで、がちがちだった緊張も解け、かつ宮田っちと話す予定だった内容も霧散・再構築する羽目になる芳邑でした。

追記に続く。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色彩なきパエザッジョ

Dsc_0843

発売おめでとー☆彡
ブログの機動力は消え失せましたがちゃんと発売日に入手はしているよ。

いやはやもう、1月からラジオが全然全然聞けなくて、そのせいで一緒にテンション上げて盛り上げてくことできなくてやるせないことこの上なかったです。。。ごめんね宮田っち。
前みたいに深夜枠なら邪魔するものは(睡魔しか)なかったのに…。
というわけで昨夜のこむちゃは真剣に聞いたよ!
ぎりぎり滑り込み帰宅でな!
こんばんわんこそばこむちゃっちゃw長いww
珍奇な飲み物を差し入れられる感じ、櫻井さんも懐かしそうで何よりです。そう、その感じです、そいつ。

MVで、白鳥ブリコラージュの時よりも鮮やかで原色を使った感じにしたって言っていたけど、アルバム全体としてそんな雰囲気を感じましたね。
前回よりも、ぱっと印象に残るメロディーが多いのかもしれない…。
愛してマスカレード、は歌う人のせいでダジャレに聞こえてしょうがないんだがw
昭和のポピュラー感と失恋ソング系は定番になっていくのねって思ったら、違う色を出していく方向だったそうで…まぁ、うん、そうなのか。
「笑顔の魔法」は、罪深いと思う( *´艸`)

あとは、そう、単純にですけど、綺麗な声だなぁと思って聴きました。笑
昔のキャラソンの拙い雰囲気のでも、役者としての表現力はあると思うんですけど、
あるというか飛び抜けてると思ってるんですけど、
そこにプラスして、歌唱力の面での表現が細やかになってきた感じがします。
CD発売から9年くらい経って、1stアルバムも経た段階で、遙か祭で紫陽花の残夢で逢いましょうを歌ってくれた時に感じたのも、たぶんそれだなと。
音程なんかはそうそうCDより安定するとは思い難いんだけど、そこを補うくらいに歌としての質が上がったんだなぁって感動したものです。
最近のキャラソンの中ではダントツ好きな「この美しき世界で」なんかは、生歌音程よたよたでしたけどね(´∀`)
多分、CD自体が上手に仕上がってるのと私がそこまで聴きこめてなかったせい、と分析してみる。←※去年の話

最初のアルバムの時は、それでも真髄はやっぱりキャラソンだからなって気持ちが正直あったんですけど、きっと前回よりも今回の方が、歌が本人のものになってるんだろうなぁ。
なんて、何様なんでしょうね。
「またね」という曲は、役者としての力がダイレクトに歌として表現されているような感じで、すごく特別な感じがします。
キャラソンでなくても、こんなに心が動かされるってすごいことだと思ったのがこの歌でした。
毎度おなじみ、ボキャ貧が嫌になりますね。
要は好きだってことだと思います。

というわけで、イベントツアーも始まったようで、また心の準備ができないままお渡し会がやってきますぜ(・∀・;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事以外について。笑

こっちの方が書きたいんだけどなぁ(;^ω^)

まぁそんなわけで新しい仕事もゆるゆるにスタートしたので、休みもくたばることなくアクティブです。
最近割と色んなところに行ったので、あとで写真も貼りたいなぁ。

そうそう、櫻子さんの足元にうんぬんのドラマを見ています。
けっこうおもしろいと母も喜んで見てます。笑
確かアニメもやってましたよねー。そっちは機会を逸して見られなかったんですが、ドラマの方は私が上川さんを見たいという事情と(笑)…元の勤務先がセットのモデルだったり資料提供してたりという話を聞いてたので、がぜん興味が(´▽`*)
原作は知らないんですが、櫻子さん含め学芸員や専門家の発言のあれっぷりとか割とリアルで面白いと思いました\(^o^)/
キャラクターなので言動が変人風だったりとかしますが、それが誇張なだけで、発言内容はだいたいあんな感じでリアルだと思う。笑
学芸員とは至って普通に、それぞれの専門分野におたくな人々です。したがって、別の面でおたくな人間からも少なからずシンパシーは感じるものです。笑
でもあれが公立の館じゃなく資産家が事業の一環で作った博物館という設定を知って、ちょっと違和感が。
それだったら公立の館でロケしたりモデルにしたりすると違うものになってしまうのでは…
あの規模の館をあの数の職員で回してて営業利益になるとはとても思えないし、なんて、それこそ追わなくていいリアルかもしれませんがね(;^ω^)
リアリティを出すならせめてもっとモブの下っ端をたくさん登場させねば。画面の端でお掃除してるとか、ポスター剥がしてるとか。
そう、まさに私のような!!笑!

結局仕事の話じゃないのかそうじゃなかったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«仕事について